パスポート

パスポートの代理受領のための委任状ってどう書けばいいの?

どうしても忙しくてパスポートを代理で受け取りに行ってもらうことになった時
委任状が必要になります。

この委任状の入手や書き方について解説していきたいと思います!

パスポートの受け取りを代理で行うには委任状が必要

パスポートの受け取りは本人でなければなりませんが、
パスポートの修正や増補申請の時だけ代理で受領することができます。

そのためには申請者本人が委任状を用意し、代理人に預ける必要があります。

委任状はどこで手に入る?

委任状は申請した時にもらえます。
パスポートの引換証となる「旅券引換証」と一緒に「代理受領のための委任状」という書類を渡されます。

大事な書類ですので、持ち運ぶ時は折れたり曲がったりしないようにしてください。
「カバンに入るように折りたたんで……」なんてことしてはいけません。
折れたり曲がっていたりシワが入っていたりすると、最悪受け取ってもらえないことがあります。

もし汚してしまったり紛失してしまった場合は、
外務省のホームページなどでファイルをダウンロードし、印刷すればOKです。
印刷が荒かったりすると受け取ってもらえないことがあるので、きれいに印刷しましょう。
家にプリンターがないなどの場合は、コンビニのプリンターを利用するといいでしょう。

委任状の書き方

委任状ですが、パスポートを作ってもらう本人の直筆でなければいけません。
申請者本人が「私がこの人に代理人を依頼しました」と書かなければ、
悪意ある第三者が代理人を勝手に名乗って勝手にパスポートを受け取れてしまいますからね。
なりすまし防止のためにも、委任状は申請者本人が書かなければいけません。

外務省のホームページなどでダウンロードする場合、
ブラウザから必要事項を記入して書類を作成することができます。
書類を印刷してから必要な項目を書くのではなく、
あらかじめブラウザ上で必要な項目を記入したPDF形式のファイルが作成され、それを印刷する形になります。
もし記載項目に不明な点がある場合は、そこは空白のままでいいです。
窓口で提出する際に、その場で確認して手書きで書いてもらいます。

申請書や委任状はブラウザ上で必要項目を書いてPDFファイルを作成しますが、
だからといってこのファイルを電子メールなどで添付して
パスポートセンターに送れば受け付けてもらえるというわけではありません。
「書類をなくしたので窓口に取りに行く」という手間を省くためのものですので、
きちんと印刷したものを持って窓口に行ってくださいね。

また、自分で「代理人に依頼しました」という一筆したためた紙を作ってもダメです。
必ず決められた形式での書類が必要なので、委任状を書いてください。

まとめ:パスポートの委任状は…

  • パスポートの受け取りは原則として本人のみだが、修正や増補の場合代理人での受け取りができる
  • 代理人が受け取るためには委任状が必要
  • 委任状はパスポートを申請した時に旅券引換証と一緒にもらえる
  • 紛失したり汚損した場合はブラウザ上で記入して印刷しすればOK
  • ブラウザ上で作成した委任状を電子メールで添付して送ってもダメ。印刷して窓口へ!

きちんと手順を守らないと二度手間、三度手間になってしまいます。
せっかく時間を作ったのに「必要なものが揃っていないのでダメ」と突き返されてしまったら
また必要なものを揃える時間、そして提出しに行く時間が必要になります。
何度も色んな場所を往復するのは疲れますし、精神的にも億劫です。
「最初にちゃんとやっておけば……」と後悔して、やがては旅行そのものが面倒になるかもしれません。
そうならないためにも、事前に完璧に準備を整えておきましょう!

関連記事

-パスポート

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.