プロパンガス

プロパンガス代を節約するには?家計に優しい節約法を紹介!

プロパンガス代ってけっこう高いですよね。

節約しなきゃと思っても、どうやったら効果的に節約できるか悩みものです。
もしかしたら、今やっている節約術はまったく効果のないものかもしれません!

どうやったら月々のガス代が安く済むのか、ガス代を安くおさえるとっておきの節約術をご紹介します!

プロパンガスの料金が高い……その原因は2つ!

プロパンガスの料金が高い理由は主に2つに分けられます。

ひとつはすぐわかると思いますが、ズバリ「使いすぎ」です。

世帯別に見てみると、プロパンガス(LPガス)の使用量の平均は
2人までなら6.5㎥、3人なら8.9㎥、4人なら11㎥とされています。
冬場なら暖房などで使うので、ここにプラス2~3㎥が目安です。

月々のガス使用量がこの平均以上なら使いすぎです。
使い方を見直す必要があります。

平均くらいの使用量なのにガス料金が高いという場合は、
ガス料金が高いもう一つの原因である「ガスの単価が高い」ということになります。

プロパンガスの料金は販売店が自由に料金を決めることができるので、世帯によってまちまちです。
高い料金を設定している販売店と契約しているなら、どんなに使用量を節約しても
月々のガス代が高くなってしまうのです。

今からできる! プロパンガス料金の節約術

プロパンガス料金の節約術その① 使う量を減らす

使いすぎによってガス料金が高くなってしまっているなら、
使い方を見直し、使う量を減らすのが一番です。

プロパンガスは主に浴室やキッチンで使われています。
お風呂やシャワー、料理や洗い物の方法を見直してみましょう。

風呂にためるお湯の量を減らしたり、シャワーを出しっぱなしにしない、
むやみに追い焚きをしないこと、設定温度を1度下げるなどの方法で節約することができます。

キッチンでも節約しましょう。
コンロはつけっぱなしにしないことや、給湯器をオフにすることが大事です。
洗い物の時に手が冷たくないようにお湯を使うと思いますが、この時も水を出しっぱなしにしないようにし、
洗い終わったらすぐに給湯器の電源をオフにしましょう。
給湯器は使っていなくても種火を灯すためにガスが使われているので、
使わないならオフにしなければちょっとずつガス代が増えていきます。

プロパンガス料金の節約術その② 安い販売店に乗り換える

ガスの使用量をおさえても、ガスの単価が高ければ結局ガス料金は高いままです。

なので、安い販売店に乗り換える必要があります。

とはいえ、アパートやマンションなどの集合住宅や賃貸住宅では、
ガスの契約は大家さんや管理会社が一括で行っています。
そのため、勝手にガスの契約をすることはできません。

ガスの単価が高くてガス代が高くついているのなら、
一度大家さんや管理会社に相談しましょう。
勝手にガスの契約をしてしまうと賃貸契約違反となって賃貸契約が解除されてしまうかもしれません。

プロパンガス料金の節約術その③ コンロをIHに変える

プロパンガスの消費のメインはお風呂やキッチンの給湯器ですが、
コンロの消費ももちろんあります。

コンロをガスからIHに変えることで、
コンロで使うガスをまるごとカットすることができます。

IHコンロ台の代金と設置のための初期費用がかかってしまいますし、
鍋やフライパンもIH対応に変えないといけないので
費用がかなりかかってしまいますが、
もし、IHコンロで消費する電気代がコンロで消費するガス代よりも安いのならばIHに切り替えるのも手です。

まとめ:プロパンガスの節約方法は…

  • プロパンガス料金が高いのは使いすぎと単価が高いことが原因
  • 使いすぎが原因なら使用量を節約すればガス料金をおさえることができる
  • 風呂やキッチンの給湯器の使い方を見直せばガス代は減らせる!
  • 単価が高いなら、安い販売店に切り替えること
  • 集合住宅や賃貸住宅では大家や管理会社が管理しているので勝手に契約を変えることはできない
  • 初期費用がかなりかかるが、コンロをIHにするのも手

関連記事

-プロパンガス

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.