美容

ほうれい線にボトックスって効果あるの?その効果を徹底解説!

加齢とともに深くなっていくほうれい線。

そして、美容整形において最近よく耳にするボトックス注射。

でもほうれい線にボトックス注射は効果があるんでしょうか?

今回はほうれい線を美容整形で改善しようとしている方のために、ボトックスの効果についてまとめたのでご紹介します!

そもそもボトックスってなに?

ボトックスとは一体なにかご存知ですか?

一般的にはボツリヌス菌製剤を使用した治療のことを、ボトックスと呼びます。

正しくはボトックスとは、ボツリヌス菌と呼ばれる毒素から抽出したたんぱく質の一種の名称です。

ボトックスには筋肉の緊張をほぐす効果があるため、局所的にボトックスを注入することで、筋肉の働きを弱めます。

そして、シワの原因となる筋肉の収縮を弱めることで、シワができないようにするのがボトックス注射です。

毒素から抽出するボトックスですが、もちろんボトックスそのものには毒性はなく脳卒中の治療にも使用されているので、その安全性は世界的に認められています!

ほうれい線にボトックスは効果がない?

ボトックス注射はシワの改善に効果があるので、一見ほうれい線にも効果がありそうですが、実は全てのシワにたいして効果があるわけではないんです!

ボトックスは筋肉の収縮を弱めるため、眉間や目尻などの表情を動かした際にできる表情ジワには絶大な効果を発揮しますが、ほうれい線やマリオネットラインのような表情の動きに関係なく常に刻まれている固定されたシワには効果が薄いんです。

そもそもほうれい線は加齢に伴い頬がたるむことで、口と頬の境目にできた溝のことです。

そのため、表情筋収縮を弱めることでシワを取るボトックスでは、改善が難しいんです。

ほうれい線にボトックスを使うデメリット

もちろんほうれい線にボトックスを使用しても、全く効果が見込めないわけではありませんが、ボトックスを使用した際のデメリットもまとめておきますね!

ボトックスは筋肉の収縮を抑えてシワをとる治療のため、注入する部位や量によっては、顔の筋肉が強張り、表情が上手く作れなくなる場合もあります。

そのためほうれい部分にボトックス注射を行った場合、人によっては頬から口元にかけての筋肉が思うように動かなくなり、笑顔が上手く作れなくなる場合もあるようです。

また、表情が動かしにくくなることで表情筋の使用量が減り、頬の筋力が衰えることで頬のたるみが進み、結果的にほうれい線を悪化させることにもなりかねません。

また、ボトックス注射は失敗してしまった場合も、その効果を元に戻す分解注射がありません。

そのため、万が一失敗してしまった場合も、ボトックスの効果がなくなるまで待つしかありません。

その点、ヒアルロン酸注射は分解注射もあるので、「失敗してしまった」または「思ったような効果が得られなかった」場合でも分解注射で元に戻すことが可能です。

まとめ

では、ボトックス注射についてまとめますね!

  • ボトックスとはボツリヌス菌と呼ばれる毒素から抽出されたたんぱく質のこと。ボトックスそのものに毒性はなく、病気の治療にも使われる安全性の高い薬品です。
  • ボトックス注射の効果が高いのは、表情を動かした際に眉間や目尻にできる表情ジワ。ほうれい線やマリオネットラインのような表情の動きに関係なく常に刻まれた固定ジワには効果が薄い。
  • ボトックスには筋肉の収縮を抑える働きがあるため、注入する部位や量によっては表情が強張る場合があります。そのため、表情筋の使用が減ることで頬の筋力が衰え、ほうれい線が悪化する可能性もあります。

もちろんほうれい線に対して、ボトックス注射が全く効果がないわけではありません。

実際に治療を行う際はデメリットもしっかり理解した上で、病院で相談して最善の治療法を選択してくださいね!

関連記事

-美容
-

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.