豆知識

グリーン車で飲食はNG?それとも問題なし?

「電車の中で食事をするのは行儀が悪い」とよく言われます。
確かに、電車の中でガサゴソ食べていたりすると気になってしまいますし、見ていて気分のいいものではありませんよね。

ではグリーン車ではどうなんでしょう?

グリーン車では個々の座席に小さなテーブルが備え付けられています。
電車の中で食事をするのはマナー違反という概念から、
「このテーブルで食事をしても大丈夫なの?」
と気になりますよね。

では、どうなのでしょう?

そもそも電車内での飲食は禁止されていない

そもそも、新幹線や普通列車問わず、どの電車でも車内での飲食は禁止されていません。
車内での携帯電話の使用について定めている規定はあっても、飲食についての規定はないのです。

「他人に迷惑をかけなければオッケー!」ということで、
飲食については乗客に任せているみたいですね。

グリーン車で飲食してもOK?

普通列車でも飲食について禁止されていないので、当然、グリーン車での飲食も禁止されていません。
そもそも車内販売もありますし、飲食してもまったく問題はありません。
せっかくテーブルもありますし、使わないともったいないですしね。

食べるときには周りの人の迷惑にならないようにしましょう。

食事をする時の注意点

車内で飲食する時の注意点として、においの強いものは避けましょう。
また、取り出す時、しまう時にガサゴソうるさくなるようなものはやめましょう。
においや音で周りの人に迷惑をかけないように配慮できるといいですね。

友人との旅行だったりすると、お弁当の味の感想を言い合ったりでおしゃべりが盛り上がってしまうでしょう。
ついつい楽しくなってヒートアップしがちですが、他の乗客からしたら騒音です。
特にお酒が入ってると、気が大きくなって大声を出しがちです。
静かに食事を楽しみましょう。

また、車内ですから急に揺れることもあります。
揺れた衝撃で缶を倒してしまったり、お弁当をひっくり返してしまったり、
車内を汚さないように気をつけたいですね。

食べ物の調達はどこで?

車内で食事をするとして、お弁当はどこで用意すればいいのでしょう?

家で作って持ってきたり、駅で買うなど、色々方法が思いつくかと思います。
ここで注意してもらいたいのが、車内販売でお弁当は売っていないということです。

お弁当やおにぎり、サンドイッチなどは痛みやすいので、
衛生の観念から売られることはあまりないようです。
路線によっては、お昼の時間帯だけ取り扱っているというところもあるようですが、
基本的に車内販売は飲み物やお菓子といった軽食しかないことに注意しておきましょう。

食事をするタイミング

さて、では飲食をするタイミングはいつがベストでしょう?

人によって結構異なるのですが、新幹線が駅を出発してしばらくしたあたりが多いようです。
このあたりのタイミングだと、車内が落ち着いてくるので、ゆっくり食事を楽しむことができます。

一番いいタイミングは、特にこだわらずお腹が空いた時が一番だと思います。
空腹は一番の調味料ですからね!

まとめ

  • 新幹線、普通列車問わず飲食は禁止されていないので、食べてもいい
  • ただし、周りの人の迷惑にならないように気をつけること
  • グリーン車での飲食はもちろんOK
  • 車内販売でお弁当が売っていないことがあるので、駅弁は駅で買っておくこと
  • 食べる時はマナーやエチケットに注意! においや音で迷惑をかけないように!
  • 車内や座席を汚さないように!

ゴミはできるだけ持ち帰りましょう。
座席のポケットに突っ込んでおけば清掃係の人が片付けてくれますが、
やはりマナーとして自分で片付けておくべきでしょう。
駅のゴミ箱でもいいので、車両に置きっぱなしのないようにしましょう。

関連記事

-豆知識
-

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.