ダイエット

1日1食ダイエットはやり方を間違えると逆効果!正しい方法を伝授します!

1日1食だけの断食ダイエットは効果的ですが、
やり方を間違えると逆効果になり、太りやすい体質になってしまいます。

しかし、きちんとしたやり方を実践すれば、
強力なダイエット効果を得ることができます!

食べるのは夕飯だけ!1日1食ダイエットのやり方!

1日1食ダイエットのポイントは、朝と昼を抜き、夜ご飯だけを食べることです。

消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ、
体は自然とやせていきます。

1日1食だけ食べることで摂取カロリーは少なくなるので、
特に運動をしなくても消費カロリーが上回りやすくなり、やせるようになります。

1日1食ダイエットのメリット!

1日に1食ぶんしかエネルギーの補給がないので、
体は効率的にエネルギーを摂取しようとします。
足りない分は体の脂肪を燃焼させてエネルギーにするので、
体から脂肪が落ち、すっきりとしたボディラインを実現します。

内蔵や血管にこびりついた脂肪も燃やしてエネルギーにするので、
内臓や血液の老廃物が流れやすくなり、デトックス効果も期待できます。

少ない量で満足できるようになるので、
単純に食費も節約できるのもポイントですね!

いきなり絶食するのはNG!

「1日1食ダイエットを始めます!」といきなり1日3食から1食に減らすのはNGです。

いきなり食べることを止めてしまうと、体が飢餓状態になります。
エネルギー切れに備えて、摂取した栄養を溜め込みやすくなるので、
逆に太りやすい体質になり、太ってしまいます。

まずは1日2食から始めるのがオススメです。
朝ごはんは軽く、ヨーグルトやフルーツなどの低カロリーのものだけを食べ、
昼ごはんはなし、夜ご飯だけを食べるようにしましょう。
そこからだんだん朝ごはんの量を減らし、最終的に夕飯だけになるようにしていきましょう。
少ない食事でも大丈夫なように体を慣らしておかないと、
体が飢餓状態モードに入ってしまうので、いきなり食べなくなるのはNGです。

夕飯の食事のメニューに制限はないので、好きなものを食べましょう。
ただし、栄養バランスの偏りには注意です。
ダイエット中だからと肉類や乳製品を控えたりするのはやめましょう!

胃の荒れやむかつき、めまいが起きたら慣らし不足!

「1日1食にしよう!」と思い立って、体を慣らすために少しずつ食事を抜いていくことになりますが、
胃の荒れやむかつき、めまいなどの症状が起きたら無理をしないようにしましょう。

これらの症状が起きるのは、体がまだ慣れてない状態であるサインです。
いきなり食事抜きにして体調が悪くなるようであれば、無理をせず、ちゃんと食べましょう。
1日1食ダイエットの体の慣らし方は「朝は軽く、昼はなし、夜ごはんだけ食べる」ことから始めるのが一般的ですが、
急に昼ごはんがなくなることで胃の不調やめまいが起きるようなら、
「昼は食べるが、半分の量だけ」というように減らす段階を緩くしていきましょう。

人にもよりますが、体を慣らしていくには時間がかかります。
焦らず、ゆっくりと自分のペースでやっていきましょう。
1ヶ月、2ヶ月くらいかけて体を1日1食でも大丈夫なようにしていきましょう!

水分補給はしっかりと!

1日1食ダイエットは水分補給も大事です。
夕飯だけしか食べないようになると、水分補給の回数も自然と減ってしまいます。
そうなると脱水症状や、めまい、ふらつきなどの悪影響が出やすくなります。
朝昼は食べなくても、水分補給はしっかりとしましょう!
もちろん、この時に飲むのは水やお茶にして、ジュースを飲むのはNGです!

まとめ:1日1食ダイエット成功の秘訣は…

  • 1日1食ダイエットは、朝昼を抜いて夕飯だけを食べるダイエット方法
  • 消費カロリー>摂取カロリーになればやせるのだから、1日1食にすることで摂取カロリーをおさえるのがポイント
  • やり方を間違えると、逆に太りやすい体になってしまうので注意
  • 急に食事を抜かず、少しずつ体を慣らしていくのがコツ
  • 栄養バランスには気を使うこと!

 

関連記事

-ダイエット

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.