豆知識

今さら聞けないPNG、JPEG、PDF画像の違いは一体なに?

普段私たちは何気なくスマホやパソコンを使っています。

ネットサーフィンしていると気に入った画像に出会ったりして、保存することもありますよね。
その時にふと、ファイル名の「.jpeg」「.png」などの字に気付きます。
この文字列は拡張子と呼ばれるものですが、これの違いについてわかりますか?

ここでは、それぞれの拡張子の違いについて説明していきます。

このページの目次一覧

JPG

JPGとは「.jpg」「.jpeg」といった拡張子であらわされるファイル形式です。
何の略かと言うと、「Joint Photographic Experts Group」の略です。

プロのカメラマンが使うために開発されたファイル形式であるJPGは
なんとフルカラー1670万色まで扱うことができます。
そのため、写真のグラデーション部分の微妙な色まで正確に画像におさめることができます。
スマホやデジカメで写真を撮ると、このファイル形式で保存されるのはこのためです。

ただJPGは画像をデータとして保存する時、画像に含まれる色の情報を圧縮して保存します。
この圧縮は不可逆圧縮で、つまり圧縮前のデータには復元できないというのが特徴です。
不可逆圧縮のため、保存するたびに圧縮するので、どんどん画質が劣化していくという欠点があります。

PNG

PNGとは、「.png」という拡張子であらわされるファイル形式です。
こちらは「Portable Network Graphics」を略してPNGとなっています。

JPGと同じく、フルカラー1670万色まで扱えるほか、
JPGの欠点である「保存するたびに画質が劣化していく」という欠点を克服しています。
画面のスクリーンショットや、フォトショップなどの描画ソフトを使ったイラストなど、ちょっと描き足して何度も繰り返し上書き保存するような画像にはPNGファイルが最適です

しかし圧縮が行われないということは、そのぶんだけファイルサイズが大きくなっているということであり、表示までに時間がかかる=重いということになります。

また比較的新しい画像形式となっているため、古いブラウザではサポートされておらず、
ブラウザによっては表示されないこともあります。

PDF

PDFは「.pdf」という拡張子であらわされるファイル形式です。
こちらはAdobeという会社が作ったファイル形式で、
画像だけでなく文字もきれいに表示できるようにと開発されたものです。
JPGやPNGファイルは画像の保存形式で文書や文字の表示のことは考えられていません。
そのため、画像と文章を1つのファイルの中におさめたい場合には画像の中に文字を乗せるか、文章の中に画像ファイルを呼び出して挿入するということをしていました。
それを解決したのがこのPDFというファイル形式です。

どのパソコンでも、どんな環境でもきれいに表示できるようにと開発されているため
PDFファイルを読み込むことができれば、拡大しても画像が粗くなったり縮小しても文字が潰れるようなことはありません。

そして一番重要なことは、一度作ったファイルは他人に編集されづらいという特徴があります。
そのため、誰かが勝手に編集しないようにPDFファイルで送信するということもあります。

インターネット上で閲覧するマニュアルや説明書なんかも
PDFが使われています。

まとめ

  • JPGファイルは写真に向いている画像形式
  • JPGファイルは保存するたびに画質が劣化していく
  • PNGファイルはイラストに向いている画像形式
  • PNGファイルは劣化しないが、そのぶんファイルサイズが大きくなりがち
  • PDFファイルは画像と文章が一緒に表示できるようにしたもの
  • PDFファイルはマニュアルや説明書などに向いている
  • PDFファイルは厳密には画像の保存形式ではない。

画像の保存形式の違いを把握することで、よりきれいで軽いファイルを作ることができます。

関連記事

-豆知識

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.