お知らせ

安心してマスクが買えるサイト・在庫ありのサイトをまとめました
マスク販売情報特設ページ
[1件在庫あり]

美容

しみとそばかすの違いってなに?その違いを徹底解説する!

女性にとっては憎らしい存在であるしみやそばかす。

でも、みなさんはこのしみとそばかすの違いってご存知ですか?

今回は知っているようで知らないしみとそばかすの違いからケア方法までご紹介します!

そもそもしみとそばかすはなにが違うの?

しみとそばかすにはその発生原因として、大きな違いがあります。

それはしみが後天的な理由で発症するのに対し、そばかすは遺伝的な要因でできるかどうかが決まる点です。

そして、そばかすは遺伝的な要因でできるかどうかが決まるので幼い子供の頃にでき、シミは後天的な理由でできるため、加齢とともに現れるのが特徴です。

では、次の項目でそれぞれの違いとケア方法を詳しくご紹介しますね!

遺伝上でできるかが決まってしまうそばかす

そばかすは正式には雀卵班と呼ばれます。

そばかすは白人に多く、日本人などの黄色人種の場合は色白の人にできることが多いようです。

また、そばかすは鼻を中心に頬全体にできますが、顔以外にも首・胸元・肩などの紫外線をよく浴びる場所にもできることがあり、円形に近い三角形や四角形で1~4mmのものが散らばってできる傾向があります。

そばかすの発症原因は遺伝的に決まっているため、後天的にできるシミより防ぐことが難しく、幼い子供の頃にできるのが特徴です!

また、そばかすはそのケアも難しく、スキンケアを行っても消し去ることが難しいです。

ちなみに私も幼い頃から、このそばかすには悩まされてきました。

思春期の頃は、周囲の子はまだ全然しみがない歳なのに、自分だけ鼻の頭がしみだらけなので、当時はかなり深刻に悩んでいました。

そんな私は10代の頃から美白用のスキンケア用品を愛用しています!

シミやそばかすが気になる方は、ぜひスキンケア用品に美白効果があるものを取り入れてみてくださいね!

加齢と共にできてしまうしみ

そばかすとは反対に紫外線の蓄積などによる後天的な理由でできてしまうのがしみです。

正式には老人性色素班と言われ、その名の通り紫外線ダメージが肌に蓄積された30代以降にできるのが特徴です。

しかし、しみの場合はそれまでのスキンケアのやり方や生活スタイルも大きく影響するので、人によって自覚する年齢に差がある場合が多いです。

そばかすと違い、その大きさや形も様々で、不定形なものが多く加齢とともに成長していく可能性もあります。

違いは分かったけど、そのケア方法に違いはあるの?

しみとそばかすの違いは分かったけど、そのケア方法にも違いがあるんでしょうか?

結論から言ってしまうと、双方のケア方法に大きな違いはありません。

どちらも悪化させる原因が紫外線であることに変わりないため、まずは日々降り注いでいる紫外線を徹底的にガードしましょう!

ちなみにみなさんは紫外線対策って、しっかり年中行っていますか?

夏はもちろんのこと、冬場や意外と油断しがちなのが春先です。

まだ肌寒さの残る3月あたりから紫外線量は増加しています。

シミが気になる方は、油断しないようしっかり年間を通して紫外線対策を行ってくださいね。

そして、既に蓄積してしまった紫外線に関しては、体の中と外からしっかりケアしていきましょう!

体の外からは毎日しっかりスキンケアを行うことで、少しでも蓄積量を減らしていきましょう!

そして、体の中からは食生活や規則正しい生活スタイルへ見直すことで、ターンオーバーと呼ばれるお肌の再生がしっかり行われるよう改善していきましょう。

ちなみのこのターンオーバーは、ビタミンCの摂取も効果があるので、サプリメントなどで補う方法もオススメですよ!

まとめ

では、しみとそばかすの違いについてまとめますね!

1. そばかすの原因は遺伝的に決まってしまうので、発症を抑えるのは難しく悪化させないケアが大切です!
2. しみは後天的な理由でできるので、スキンケアを継続的に続けていくことが大切です!
3. しみもそばかすも紫外線が大敵なことには変わりありません!日々の紫外線対策はしっかり行いましょう!

今回はしみとそばかすの違い、ケア方法までご紹介しました!

どちらも完全に防ぐことは難しいですが、日々のスキンケアで少しでも悪化を防いだり、発症を遅らせることは可能です!

みなさんも日々のケアから始めてくださいね!

お知らせ

安心してマスクが買えるサイト・在庫ありのサイトをまとめました
マスク販売情報特設ページ
[1件在庫あり]

関連記事

-美容
-,

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.