スマホ

アプリの容量を確認して快適にストレージを整理しよう!チェックポイント2つ

最近どんどん高機能・高性能になっているiPhoneですが、iPhoneが常にいいパフォーマンスを発揮するためには、十分な容量が確保されている必要があること、ご存知ですか?

購入したてのころはスムーズな動きとレスポンスで快適だったiPhoneが、使用していくうちに反応が遅くなり、全体的にもっさりした動きに……という経験をお持ちの方も少なくないと思います。

そんな症状が出たときにまず確認するべきなのは、容量に十分な空きがあるかどうか、ということです。

ストレージ容量を使用するものは、写真やメディアなどさまざまですが、うっかり見落とされがちなのがアプリによるストレージ容量の圧迫です。

「でもそんなにアプリ入ってないよ?」という方も、安心はできません。

近年のアプリは高機能で便利なものが多いですが、高機能ゆえに容量が大きいことも多いのです。

また、ゲームも侮れません。驚くほど美麗でハイグラフィックなものが多い昨今のスマホゲーム、これらもなかなかヘビーな容量を要します。

では具体的にアプリの容量は、どこで見られるのでしょうか。

今回は、ダウンロードしたアプリの容量確認の仕方と、ダウンロード前App Storeで容量をチェックする方法をお教えしますね。

◆ダウンロード済みアプリの容量を見るには?

まずは設定アイコンをタップします。

そこから一般を選ぶと、情報やソフトウェア・アップデートなどが表示されますが、その中に「iPhoneストレージ」があるので、それをタップしましょう。

すると、iPhoneのストレージが何に使用されているかがわかるグラフが出るはずです。

その画面を下へスクロールしていけば、iPhoneにインストールされているアプリがずらりと表示されます。

それぞれのアプリのアイコンと名前の右側に表示される数字、それが現在アプリが使用している容量です。

また、各アプリをタップすれば更に詳しい情報が得られます。

私はときどきこの画面を確認し、不要なアプリがないかをチェックしています。

普段、iPhoneのホーム画面ではアプリをまとめてしまっているので、使用していないアプリは認識しづらいのです。なので、この画面で一覧でみると「あれ? こんなアプリ入ってたんだ!」という発見があります。

存在を忘れているほどのアプリならば、今後も使用する可能性は低いですからサクッと消去して、ストレージを整理しています。

◆容量管理はダウンロードする前にも!

アプリをダウンロードする前に、ダウンロードしようとしているアプリの容量を見る方法もあります。

「ストレージ容量の空きがもうほとんどない! けれどもこれだけはダウンロードしたい」というときは、必ずチェックしないといけませんね。

もちろん、そんな切迫した状況にならないようにしたいものですが……。

それでは、その手段をご説明します。

まずApp Storeをタップし、ダウンロードまたは容量を見たいアプリを選択します。

あとは下にスクロールすれば、アプリの情報が記載されており、その中の「サイズ」がアプリの容量です。

本当に簡単な手順ですが、意外とこの情報欄は見落としがちです。

インストールボタンはページ上部にあるので、細かい情報を見ずにダウンロードを開始してしまうんですよね。

私は同じ機能のアプリが複数存在するときなど、この情報画面で容量を確認し、なるべく容量の小さいアプリを選びストレージ容量を節約しています。

ひとつのアプリだけは節約量は微々たるものですが、何事も「塵も積もれば山となる」です!

◆まとめ

文字で説明すると難しく感じるかもしれませんが、まとめると……

  1. ダウンロード済みアプリの容量確認は:
    設定→一般→iPhoneストレージ→下にスクロールでアプリ一覧
  2. App Storeにおけるアプリ容量の確認は:
    App Store→任意のアプリ→下にスクロール「情報」内の「サイズ」で確認

たったこれだけの操作で、容量の確認ができます。

あまり使用していないけれど容量を食っているアプリは、意外と目につかないものなので、ときにはストレージからアプリの容量を見て整理するのがオススメです。

iPhoneの動きも軽快になるかもしれませんよ。

関連記事

-スマホ

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.