エアコンの冷房で肌は乾燥する?実は女性の大敵です…

空気の乾燥する季節といえば冬です。
そのため冬になると保湿用品が売られるようになって、女性の皆様も乾燥対策にあれやこれや乾燥対策をします。

夏は高温多湿でジメジメしていて乾燥とは無縁そうに見えますが、実は夏も乾燥するんです。
むしろ乾燥対策をしていないぶん、冬よりも肌が乾燥してしまうこともあります。

なぜ? どうして? 夏の乾燥についてまとめてみました!

エアコンで乾燥する→肌荒れに!?

夏の乾燥の原因はズバリ、エアコンです。
エアコンから出る風は乾燥した冷たい風なんです。
それにより空気が乾燥することで、肌が乾燥し、ガサガサになってしまうんです。

どうしてエアコンの風が乾燥しているのかというと、それはエアコンのしくみによるものです。
エアコンは取り込んだ空気を内部の冷媒で冷やしてから排出します。
その過程で、空気中の水分が取り除かれるので、エアコンの風は乾燥しているんです。

その現象を防ぐために空気を保湿する機能をつけたエアコンもありますが
逆に言えば、そういった機能をつけなければいけないほど、エアコンというものは空気を乾燥させてしまうんです。

ちなみにこれはエアコンの冷房機能に限った話ではなく、
冬に暖房としてエアコンをつけた時も同様です。

知っておきたいエアコンの乾燥対策

エアコンの乾燥対策は冬の乾燥対策と同じです。

  • 濡れたタオルを吊り下げて置いておく
  • 洗面器などに水をはって置いておく
  • ヤカンやケトルで湯を沸かし、フタを開けて湯気を放出する
  • 床を水拭きする
  • ガーゼマスクをする
  • 飴を舐める

といった対策でエアコンで乾燥した室内を保湿することができます。

もちろん肌自体の保湿も大事です。
保湿クリームを塗ったり、化粧水を多めにつけたりして乾燥対策をしましょう。

水分を多めに取るのも有効です。
夏の暑さによる熱中症の対策やデトックスにもなるので、水分はちゃんと取っておきましょう。
人間が1日に摂取する水分の目安は2リットルです。食べ物に含まれる水分なども含めての数字ですので、飲み物として摂取するぶんは1リットルほどでしょう。
1リットルというと多く思うかも知れませんが、500ミリリットルのペットボトル2本ぶんと考えると、意外といけそうな気がしませんか?

おすすめは水です。ミネラルウォーターでもいいですが、白湯もおすすめです。
体を内部から暖める白湯は冷房の冷え対策にもなります。
白湯の驚きの効能やおすすめの飲み方については別の記事で紹介していますので
そちらを参考にしてみてください!

エアコンでの乾燥に加湿器は有効?

エアコンでの乾燥対策に加湿器はもちろん有効です。
空気を乾燥させるエアコンvs湿度を上げる加湿器のように対立した感じになるので
加湿器を使うことでエアコンの効率が悪くなるとか思うかもしれませんが、そんなことはありません。

加湿器を使う時は部屋の真ん中に置きましょう。
加湿器から出る風が壁や窓に当たると結露してしまい、カビの原因になってしまいます。
また、加湿器のフィルターはちゃんと掃除しましょう。
加湿器の中の雑菌によってアレルギーを起こす「過敏性肺臓炎」のおそれがあります。

まとめ:エアコンの冷房はなぜ乾燥するのかというと…

  • エアコンを使うと空気が乾燥し、肌が乾燥してしまう
  • そのためにも乾燥対策をしっかりと!
  • 対処法は冬場の乾燥対策と同じでOK!
  • 水分を取ることで保湿と熱中症対策に
  • エアコンでの乾燥に加湿器は有効

ちなみに肌の保湿にと加湿器の水蒸気を肌に直接当てるのはかえって肌を乾燥させるのでNGです。
顔についた水蒸気が蒸発するついでに肌の水分も持っていってしまうので、肌がもっと乾燥してしまいます。

関連記事

-

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.