パスポート

パスポートの顔写真に眼鏡はアリ?反射するとNGになる!

パスポートの顔写真には厳しい規格があります。
なりすましや不正利用を防止するためなので仕方のないことなのですが、
眼鏡ひとつでもかなり細かく規定されています。

いざ撮る段階で「規格的にダメです」なんて言われたら大変です。
そうなる前に知っておきたいですよね。
なので、そんな人のために調べてみました!

パスポートの規格に眼鏡はOK?

眼鏡に関する規定は
「つけていてもよいが、レンズに反射光が映っていない、フレームで顔が隠れていないことが条件」
ということになっています。
なぜかというと、眼鏡をつけたままの写真だとレンズに反射した光やフレームの縁に顔の輪郭が隠れるせいで目元がわからなくなるからです。
入国審査で顔写真と本人の顔を見比べる時には全体の顔つきだけでなく瞳孔の色などもチェックするので
それを妨げるレンズの反射光や眼鏡のフレームはNGなんです。
眼鏡を常につけている人でも外して撮影しましょう。もちろんサングラスもNGです。
ただし、光に過敏な体質などでどうしても専用のメガネをつけていないといけないとか、医師の指示があるなどの事情がある場合はつけていてもよいでしょう。
ただしその場合でも眼鏡のレンズに反射光が映らないように撮ってもらわないといけません。

私はものすごく目が悪くて裸眼だと何も見えないくらいの近眼なのですが、
それでもパスポートの写真は眼鏡無しで撮りました。
カメラがどこにあるかわからなくて視線がだいぶ迷っている写真になってしまいましたが!

規格に沿っていても眼鏡ありの写真だと審査で呼び止められやすいというトラブルもあります。
眼鏡無しで撮ったほうがよいでしょう。

コンタクトは? ディファインやカラコンはどうなの?

コンタクトレンズについては、視力補正用のものならつけていても問題ありません。

ただしカラーコンタクトは禁止です。
さっきも言いましたが、審査の時には瞳孔の色もチェックされます。
カラーコンタクトで目の色が変わっているとなりすましを疑われて余計なトラブルとなることも。

瞳を大きく見せるためのカラコン(ディファイン)は禁止する規約もなく、
またつけていたからといって入国を拒否されたという話はありませんが、
それでも審査の時に「顔写真と雰囲気が違うから写真を変えた方がいいよ」と一言注意を受けることがあるようです。

眼鏡ありで写真を撮って、眼鏡が変わった場合は?

眼鏡ありで写真を撮って、それから眼鏡を新調した場合はパスポートの写真も変えないといけないのでしょうか。
常用している眼鏡を変えたからといって顔写真も変えないといけないという規約はありませんが、
顔写真と顔の雰囲気が違っていると審査の時に注意を受けるので、
あんまりにも違うようだと顔写真を変えたほうがいいでしょう。

顔写真を変えるにはパスポートごと変えないといけなくなるので、
パスポートの更新手続きが必要となってきます。

パスポートの更新手続きについては別の記事で紹介していますので
そちらを参考にしてみてください。

まとめ:パスポートの写真で眼鏡は…

  • 眼鏡をつけた顔写真でもパスポートに使える
  • ただしレンズの反射光がないこと、フレームで顔が隠れていないことが条件
  • かなり厳しいので、眼鏡常用者でも眼鏡を外して写真を撮ったほうがトラブルを防止できる
  • コンタクトはOK、ただしカラコンはNG
  • ディファインディファインによって入国を拒否された事例はないが注意を受けることも
  • 眼鏡を新調したなどで顔の雰囲気が大きく変わったらパスポートの更新を!

眼鏡なし、カラコンなし、ディファインなしで撮るのが一番よいでしょう。
せっかくの海外旅行なのですから、入国審査でケチがついたら台無しです。
楽しみに水をさされないためにも、余計なトラブルになるような要因は潰しておきましょう!

関連記事

-パスポート

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.