お知らせ

安心してマスクが買えるサイト・在庫ありのサイトをまとめました
マスク販売情報特設ページ
[1件在庫あり]

豆知識

知ってた?「水道水が飲める国」は意外と少ない!

海外と比べて日本は治安が良いとか識字率が高いとか四季があるとか、様々な長所があります。
しかし、最も身近な利点は治安や識字率などではありません。
海外と比べて日本が優れているところ。それは「水道水が飲める」ということです。

普段何気なく飲んでいる水道水ですが、「水道水が飲める」っていうのは実はスゴいことなんです!

水道水が飲める国はたった10国!

世界には196もの国がありますが、その中で水道水が飲めるのはたったの10国なんです。
すごく少ないですよね。この貴重な10カ国の中に日本が入っているんです。
他の国は北欧やドイツ、オーストリアなどです。紛らわしいですが、オースト「ラ」リアではないですよ! ウィーン少年合唱団とかがある方です。
他にはアラブ首長国連邦なども水道水を飲める数少ない国です。

北欧は良質な地下水があり、それをくみ上げているので飲むことができます。
ドイツやオーストリアはアルプス山脈からの天然水や厳重な環境保護基準から水源を守ることで水質が保たれています。
アラブ首長国連邦は海水から変えた真水を水道に流しているので飲むことができるそうです。

インフラの整備が十分でない発展途上国はわかるとしても、先進国であるアメリカやイギリス、フランスといった国々では水道水は飲めないんですね……。

なぜ海外では水道水が飲めない?

海外の水道水が飲めない三大理由「水が汚い」「水道がない」「設備が悪い」

海外の水道水が飲めない理由は主に3つで

  • 水質が悪い、水源が汚染されている
  • 水道自体が引かれていない
  • 水道の設備の管理不十分

といった理由が挙げられます。

工業用の排水や家庭の排水、下水がそのまま河川に流れて濁っていたりゴミが浮いているような国では、
どんな浄水施設があっても飲めるレベルにまで回復させるのは難しいのです。
そして、国が広ければそのぶんインフラ整備にかかる費用や手間も増えます。
先進国でありながら管理が行き届かず、錆びたままの水道管を使っている国もあります。

日本は国土が狭いのでインフラの手入れもしやすく、また自然が多いので水質がきれいなんです。

海外では水はお金を払って手に入れるもの!

飲料水はペットボトルのミネラルウォーターで!

水道水が飲める国というのは非常に少ないです。
水が透き通っていても、そのまま飲めないのでいったん沸騰させて煮沸消毒したりしなければなりません。

では、水道水が飲めない国で飲料水はどうしているのでしょうか?

答えは、「ミネラルウォーターを買う」です。
飲料水はなくてはならないものなので、日本のミネラルウォーターよりも安く売っています。
たとえばですが、カンボジアでは500ミリリットルのペットボトルで0.5ドルほどです。

海外のレストランでは水は出てこない!

日本のレストランや喫茶店などでは無料でお冷が出てきます。
ファストフード店でも「薬を飲みたいので」と言えばコップ1杯くらいは提供してくれます。

ですが、海外のレストランではお冷はありません。お水でもお茶でも注文しなければ出てこないんです。
薬を飲むために一口だけ……と思っても出してはくれません。

お金を払って注文しないと提供してくれないんです。

まとめ

  • 水道水が飲める国はたった10カ国しかない
  • 日本の他には北欧やドイツ、オーストリアなど
  • 水道水が飲めない理由は水質汚染や水道の設備不良
  • 海外では水は「お金を払って手に入れるもの」!

日本では何気なくジャバジャバ使っていて「タダ同然」と思っている水ですが、
海外ではまったく認識が逆なんですね。

もし安全でない水を飲んでしまうと、下痢や腹痛、発熱といった食中毒症状が引き起こされてしまいます。
よっぽどひどくない限り2~3日でおさまるものですが、せっかくの海外旅行なのに2~3日も動けないのは致命的です。
ちゃんと海外旅行を楽しめるように、水には十分注意しましょう!

お知らせ

安心してマスクが買えるサイト・在庫ありのサイトをまとめました
マスク販売情報特設ページ
[1件在庫あり]

関連記事

-豆知識

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.