灯油

灯油が手についた!ついたままだとどうなる?簡単な落とし方と臭い取り

灯油 手についた 1

ポリタンクからファンヒーターのタンクへの移し替えや、セルフ式で灯油を購入する際にうっかりして……など、意外と灯油が手についてしまうシーンは多くあります。灯油は便利なものですが、きつい臭いがするのもまた事実です。少し手についただけなのに、強力な臭いが取れなくて困ったことはありませんか?

「まあいつか落ちるでしょ〜」と楽観視できれば良いのですが、手についた臭いは結構厄介なものです。うっかり利き手についたとなれば、食事をするときに箸を口に運ぶ際、強烈な臭いが食事の楽しさを壊してしまいます。

そんなわけで今回は、灯油が手についた時はどのように対処すれば良いのか、その方法をご紹介します。また、結構な量の灯油が手についてしまうと「え、これ大丈夫なの?」と不安になる方もいると思います。灯油が手についてしまっても大丈夫なのか否かについても、ご説明しますね。

灯油が手についた!これって大丈夫?

灯油 手についた 2

灯油が手についてしまうと「なにか害があるのではないか……」と不安になる方もいらっしゃると思います。ご安心下さい。手についた灯油は、石鹸でキレイに洗い流せば特に問題はありません。

普段、灯油ストーブなどの機器にポンプで入れるだけという場合、手につくとちょっとパニックになってしまうかもしれません。臭いが強烈で、どう考えても健康に良さそうな香りではありませんからね。お気持ちはわかります。

ですが基本的に、灯油が手についても「すぐに洗い流せば大丈夫」です。心配しすぎないでくださいね。しかし、長時間そのままにしておくと、灯油によって皮膚が荒れる可能性があるので、しっかりと石鹸で手を洗いましょう。

もし洗うより先に明らかに派手にかぶれてしまったり、洗浄したのに熱を持つようにかぶれてしまったという場合は、素直に皮膚科を受信することをおすすめします。

灯油の臭いをとりたい!そんなときには

灯油 手についた 3

灯油が手についても洗えばOKですが、問題はあとに残る臭いです。この強力な臭いは、石鹸でごしごし手を洗ってもそう簡単には落ちてはくれません。臭いが取れないと、食事を作る時はもちろん、いろいろな時に気になってしまいますよね。

しかしこの灯油の臭い、実は意外と身近なもので取り去ることができるのです。ではさっそく見ていきましょう!

みかんの皮を使う方法

家庭で簡単にできる方法として、まずみかんの皮を使用する方法があります。

手順

  1. 灯油の臭いがする部分にみかんの皮をよくすりつける
  2. 石鹸で手を洗う

以上です!ものすごく簡単ですよね。

みかんがない場合は柑橘系のフルーツであれば代用可能です。なぜ柑橘類の皮で灯油の臭いがとれるのでしょうか?かなり簡単に説明すると、柑橘類の皮には油分が含まれており、この油分が灯油の臭いを分解してくれるとのことです。

昨今、オレンジオイルを配合したクリーナーや洗剤が販売されていますが、このオレンジの皮に含まれているパワーが油分をよく落とすからというわけですね!

サラダ油を使う方法

みかんは冬場の食べ物ですし、柑橘類はあまり食べないご家庭の場合、「灯油が手についた!」という緊急の状態で、柑橘類の皮がすぐに手に入らない可能性があります。しかし「よし!臭い取りのために柑橘類を買ってくる!」というのは、あまりに手間でしょう。

そんな時に役に立つのがサラダ油です。先程、みかんの皮で臭いが取れるのは、みかんの皮に油分が含まれているからだと説明しましたが、サラダ油の油分も同じ効果が望めます。

手順

  1. サラダ油をしっかり手に塗り込む
  2. 石鹸で油を落とす

これまた簡単な手順で完了です。灯油のガンコな臭いも、サラダ油でさっぱり落ちます。サラダ油がない場合は、別の食用油やマーガリンでも代用可能です。

イメージとしては、クレンジングオイルでメイクを落とすのに似てますよね。クレンジグオイルがメイク落としとして強力なのは、オイルによって化粧品の油性成分を落とすことができるからなのです。

まとめ:油には油で対抗!臭いもすっきり落ちる

ここまで、灯油が手についた時に、臭いを落とす方法を紹介してきました。最後に内容をざっとまとめておきましょう。

  • 灯油が手についた時は→すぐに石鹸で手を洗えばOK
  • 炎症がひどくなったら病院に行くほうが良い
  • 臭いを取る場合には→みかんの皮やサラダ油などの油分で取れる

油を油で落とすというとちょっと不思議な感じがするかもしれませんが、有効な方法なので困ったときにはぜひ試してみてくださいね!

関連記事

-灯油

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.