豆知識

「好き」を意味するお菓子とは?

花言葉というものは皆さん知っていますよね?
ひとつひとつは言えなくても、赤いバラ=愛の象徴など、
だいたいどういうものかということについてはわかると思います。

ちょっと詳しい人だと「宝石言葉」というものも知っているかもしれません。
宝石言葉は花言葉同様、宝石に込められた意味のことです。

それと同じように、お菓子にも実は「お菓子言葉」があるんです。
今回は、「あなたが好き」という意味を持つお菓子のお菓子言葉を紹介します。

お菓子に込められた「好き」

キャンディ

キャンディのお菓子言葉は「甘い関係を長く続けていきましょう」で、要するに「あなたが好きです」ということになります。
硬いキャンディは口の中でなかなか溶けず、長いこと食べていることになるお菓子ですので、
長い時間をかけて味わうことを関係になぞらえて、「あなたとずっと関係を続けていきたい」ということになります。

キャラメル

キャラメルのお菓子言葉は「一緒にいると安心できる」です。
昔ながらの食べ物というイメージからノスタルジックさを思い浮かべるのか、
懐かしい感じ=安心できるという意味になりました。

マカロン

マカロンのお菓子言葉は「あなたは特別」です。
マカロンってキャンディやクッキーなどといったお菓子と比べて、馴染みのない食べ物ですよね?
そのへんのコンビニやスーパーにはあまり置いてないものですので、
お菓子屋さんに行ってわざわざ買ってこないと手に入らないものです。
しかも結構お値段が張るせいで、高級感や特別感があるお菓子です。
なのでマカロンを贈ることは「あなたは特別ですよ」ということを示しています。

マドレーヌ

マドレーヌのお菓子言葉は「円満な関係」です。
マドレーヌは今ではいろんな形がありますが、昔ながらのマドレーヌは貝の形をしています。
2枚の貝殻がぴったり合わさっている貝になぞらえて、
「ぴったりくっつくような関係でいたい」ということになります。
もっとあなたのことを知りたいという意味でマドレーヌを贈るんです。

ホワイトデーのお返しのお菓子、実はこんな意味だったかも!?

さて、主だったお菓子のお菓子言葉は以上ですが、
ではホワイトデーのお返しとしてもらったお菓子たちはどんな意味があるでしょう?
すでに紹介したお菓子のほか、贈り物に使われそうなお菓子のお菓子言葉を紹介します。

チョコレート

チョコレート自体のお菓子言葉は、特にこれ!といったものはありませんが、
ホワイトデーのお返しとしてチョコレートをもらった場合、要注意です!

チョコレートをあげたのにチョコレートを返されるわけですから、
「あなたの気持ちをそのままお返しします」
という遠回しなNOになります。

マロングラッセ

マロングラッセのお菓子言葉は「永遠の愛」です。
日本ではなかなか馴染みのないお菓子ですが、
ヨーロッパでは男性から女性に贈る愛の証としてマロングラッセが使われています。

なので、ホワイトデーにマロングラッセを贈られるということは、
とっても甘い意味があるんですよ。

バームクーヘン

バームクーヘンのお菓子言葉は「永遠に変わらない幸福を望む」です。
バームクーヘンは引き出物などでよく使われるお菓子ですので、
ホワイトデーのお返しに出てこられるとちょっと困惑しちゃいますが、
丸い層がいくつも重なっているバームクーヘンは「円満、永遠」を示していて、
つまり「あなたと一緒に幸せになりたい」という意味があります。

まとめ:好きの意味があるお菓子とは

以上が「好き」という意味を持つお菓子のお菓子言葉です。
ひとつの「好き」でもいろんな表現のしかたがあって面白いですね。

マシュマロの「あなたが嫌い」などネガティブな意味を持つお菓子言葉もあるので、
これから誰かにお菓子をプレゼントする時には意識してみるといいかもしれません。

関連記事

-豆知識

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.