美容

ニキビの膿が出ない時ってどう対処すれば良いの?

ニキビに膿が溜まってしまってどうしたら良いか分からない
そんな経験はありませんか?

私自身も膿の溜まったニキビに何度も悩まされ、
鏡を見る度に憂鬱になっていました。

「ニキビは潰してはいけない」
とよく言われますが、
場合によっては潰した方が良い場合もあります。

また、潰すと跡が残るというのも間違いです!
正しい方法であれば潰しても大丈夫です。

今回は膿の出し方や自分で出せない時の対処法を
紹介していきたいと思います。

そもそもニキビの膿って何なの?

ニキビは皮脂が毛穴に詰まることによって出来ます。

その皮脂をエサにして繁殖したアクネ菌と戦った白血球の残骸が膿なのです。

膿は身体に良くない物なので、早く取り出せた方が良いです。

自分で膿を出すには?

ここでは自分で膿を出す方法を紹介します。

まず消毒された針や爪楊枝を使い
ニキビの表面の皮を刺し、
膿の排出口を作ります。

あくまでも表面だけ刺し
深くは刺さないように注意してください。

出口ができたら指の腹を使い
優しく膿を押し出します。

この時に全部の膿を無理に出さなくても大丈夫です。
最後に抗生物質の入った軟膏を塗ると効果的です。

ニキビの膿が出せない時は?

ニキビの膿を出したいけど出せない時もありますよね。
そんな時は無理矢理出すことはやめましょう。

無理に指やピンセットで圧力をかけると
周辺の組織を傷つけてしまったり血が出たりして
跡が残ってしまう可能性もあります。

どうしてもつぶして膿を出したいのであれば
皮膚科で出してもらうのが良いです。

皮膚科では専用のレーザーや針を使用して
ごく小さな穴をニキビ表面に開け、
専用の器具を使って膿を出します。

想像しただけで痛そうですよね・・・。

ですが、皮膚科できちんとした方法でニキビの芯を出せば
ニキビ跡はほぼ残らないとされています。
ニキビの治療は保険適用なので、
1個当たり400円程で治療してもらえます。

また治療に効果的な飲み薬や塗り薬もあり、
2000円から3000円で治療できます。

ただし、ニキビの跡の治療は
保険適用外なので注意してください。

膿を出す以外の治療法は?

他の方法としては
「市販薬を使用する」
「放置して自然に治るのを待つ」
方法があります。

市販薬で化膿したニキビは治るの?

化膿したニキビを治せる市販薬として「ドルマイシン軟膏」や「テラコートリル軟膏」があります。
「ドルマイシン軟膏」は、抗生物質が配合されており、
化膿したニキビを修復してくれる効果が期待できます。

ただし、長期間の使用は避けましょう。

「テラコートリル軟膏」は、抗生物質とステロイド剤が配合された市販薬なので、
こちらも長期間の使用は避けたほうが良さそうです。

化膿したニキビを放置するのはダメなの?

できることなら何も手を加えずに
ニキビを治していきたいですよね。

化膿したニキビを放置して改善することはダメではないのですが、
どうしても日数がかかってしまいます。

早く治したい場合は、他の方法を選びましょう。
また、ニキビが化膿してしまう原因は、
日常のストレスや食習慣、生活習慣などが大きく関係しています。

それらに注意し、肌本来の自然治癒力に任せて改善するのが、
一番理想的な改善方法です。

  • 膿は早く取り出せた方が良い
  • 自分で膿を出すときは優しく押し出す
  • どうしようもない時は皮膚科を受診する
  • 市販薬でも対処できる
  • 規則正しい生活を心がけ、予防する事が大事

私はよく鼻の下に化膿したニキビができ、
でも
「潰してはいけない」
と思い我慢していました。
同じように思っていた方は多いのではないでしょうか?
膿を出す事は抵抗があるかもしれませんが
今回紹介した方法ですぐに治せれば
気持ち的にも楽になりますよね。
ぜひ一度試してみてください!

関連記事

-美容
-

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.