復縁

元カレが冷たい…そこに隠された心理とは?

 

別れた元カレが冷たい……。

別れ話の「あるある」だと思いますが、だからといって「はい、そうですか」と納得しきれない時だってあります。
復縁を考えている場合、復縁できるかどうかの可能性も知りたいですよね!

そこで、別れてから態度が冷たい元カレの深層心理について解説してみたいと思います!

態度が冷たい=拒絶

 

別れ方にもよりますが、別れた後の元カレが冷たいのは拒絶のあらわれです。
「取り付く島もない」という感じで、あなたへの接触を拒絶している状態です。
曖昧な態度を取ってあなたを期待させたくもない、嫌いになってしまったので関わりたくないという心理によって、冷たく接するようになります。
こうなると復縁はまず無理でしょう。

「男性の恋愛は上書き保存、女性の恋愛は別ファイルで保存」という言葉がありますが、
そのように、男性の恋愛は「一度だめになったら次」というふうに切り替えるタイプの恋愛観です。
そのため、あなたに対して冷たくするのは「すっぱり切って次の新しい恋愛を見つけたい」という心理があります。
好き嫌いは関係なく、あなたへの態度を冷たくすることで自分の恋愛状態をリセットしたいということになります。

この場合、元カレの恋愛対象に再エントリーという形で復縁することは可能ですが、
元カレの中では一度すっぱりと切ってしまっているので「前の彼女としてのあなた」と「今の彼女としてのあなた」を切り分けて考えています。
「一時停止しして再開」や「延長」ではないことに注意すると、復縁後もうまくやっていけるでしょう。

「元カレが冷たい」のは必ずしも拒絶とは限らない!

態度が冷たいからといってあなたのことを拒絶しているとは限りません。
一度距離をおいて冷静になりたいので、あえて冷たくしているということもあります。

「勢いで別れてしまったが本当は……?」
と自問自答して自分の本音を探っている段階です。
突発的な喧嘩で別れてしまった場合だと、このようなパターンになりがちです。
このパターンだと実は未練があったりするので、展開によっては復縁が可能です。
ただ、距離をおいて冷静になることによって「やっぱり間違ってなかった」と確信してしまうこともあるので、
復縁をするなら早めに行動したほうがいいでしょう。

拒絶? 考え直し中? 見分けるポイントはここ!

拒絶なのか考え直している最中なのか見分けるポイントは
「あなたが困っている時に手を差し伸べてくれるか」です。

本当に嫌いになってしまったのなら、あなたがピンチの時でも助けてはくれないでしょう。
なかなかうまいことピンチが訪れるわけもないので、そういう時は、体調を崩したり怪我をした時のことを頭の中でシミュレーションしてみるとよいでしょう。
「大丈夫?」と心配してくれるようであれば、少なくとも嫌いではないといえるでしょう。ただし社交辞令の場合もあるので過信は禁物です。

他にも、元カレの行動を注意深く観察してみるのもありです。
あなたへの態度に戸惑いや躊躇がみられるようなら、別れたことを後悔していたり未練があるというサインです。
別れたはずなのに何かと気にかけてきたり、あちらから関わってこようとするならば復縁の脈アリです。

連絡先がまだ残っている場合、元カレに連絡を取ってみるのもいいでしょう。
LINEなどでメッセージを送り、すぐに既読がつくかどうか、返信が来るかどうかなどをチェックしましょう。
元カレもまだ復縁を考えているなら、すぐに返事が来たりするはずです。
もちろん、返信の内容も要チェックです。相槌だけだったり、スタンプだけの返事は残念ながら望み薄です。
あちらから質問してきたり、積極的な内容であれば復縁できる可能性はかなり高いです。

まとめ

  • 態度が冷たいのは拒絶のあらわれ
  • 考え直したくて距離を置くためにあえて冷たくしている場合も
  • 拒絶か考え中か見極めるには元カレの行動をチェック!

うまく復縁できるといいですね。うまくいくことを願っています!

関連記事

-復縁

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.