蚊・虫除け

蚊を追い払うにはアロマで!虫除けアロマの作り方と使い方を紹介!

夏に出てくるうっとうしい蚊。
追い払うために虫除けスプレーや蚊取り線香を使う人は多いと思います。
しかしペットや子供がいるから薬剤は使えない……という人もいるのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、アロマを使った防虫です!

虫除けアロマの驚くべき効果!

市販の虫除けスプレーには「ディード」という薬品が含まれています。

この「ディード」は昔から蚊除けの薬剤として使われてきたわけですが、
近年、その有害性が指摘されています。
使いすぎたりして人体に蓄積されると、神経に障害が出たりするとされています。
普通に使う分には問題はないのですが、ちょっと怖いですよね。

では、薬剤を気にして虫除けスプレーを使わない人は
蚊に刺されることを我慢しなければならないのでしょうか?

そんなことはありません。そこで虫除けに効くのがアロマです。
アロマセラピーに使われるエッセンシャルオイルの一部には
蚊だけでなく、あらゆる虫が嫌うにおいを放つものがあります。

嫌いなにおいというだけで、エッセンシャルオイルに虫を殺す効果はありません。
でも、アロマのいい香りがしてなおかつ虫除けになるなら素晴らしいことですよね。

虫除けアロマの使い方

蚊が嫌うにおいは
ゼラニウムやラベンダー、レモンユーカリやレモン、ミントなどです。
どれでも効果は同じですので、好みで香りを選んでくださいね。

使い方はとても簡単。
これらのエッセンシャルオイルを買ってきて、
アロマライトやデフューザーで香らせるだけです。

スプレーしてカーテンに吹き付けたり、オイルを染み込ませた布を置いておいたりしてもいいでしょう。

肌につけても大丈夫ですが、肌が敏感な人や赤ちゃんなんかにはつけないでください。
スプレーする時は目に入らないようにしましょう。

虫除けアロマの作り方

アロマをスプレーする時の蚊除けスプレーの作り方をお教えします!

材料は

  • エッセンシャルオイル 数滴
  • アルコール(無水エタノール) 5ミリリットル
  • 水 45ミリリットル

の3つです。どれも薬局で売っていますので、入手はラクですね。
水は精製水でもいいですが、スキンケア目的でもないですし水道水でOKです。
作り方は、エッセンシャルオイルとアルコールをよく混ぜ、水を入れて薄めるだけです。

エッセンシャルオイルにはプラスチックを溶かしたり変質させるものもあるため
混ぜ合わせたり、できたスプレーを保管する容器はプラスチックでないものを選びましょう。
できればガラスがいいです。

あとはできたスプレーを網戸やカーテンに吹きかけておくだけです!
オイルなので時間が経つと揮発してしまうので、1日に何回かスプレーし直す必要があります。

自作スプレーには保存料が入っていないので、
早めに使い切ることを心がけてください。
おおよそ目安として、2~3週間以内に使い切ってください。

まとめ

  • 蚊をはじめとした虫は一部のアロマのにおいを嫌う
  • なので、エッセンシャルオイルを使った虫除けが有効
  • 蚊の嫌いなにおいのエッセンシャルオイルを使うだけで蚊がいなくなる
  • スプレーを自作して玄関などに吹き付けても

もし、エッセンシャルオイルを使って肌がピリピリしたり肌荒れが起きたときは
エッセンシャルオイルが合わない場合があります。
その場合は別のエッセンシャルオイルを使ってみてください。

特に、ミントの香りは蚊だけでなく他の虫も寄せ付けない強い効果があります。
キッチンに出る黒いアイツもミントオイルのスプレーで寄せ付けなくさせることができます。

アロマのいい香りでリラックスもできますし、
一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

-蚊・虫除け

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.