お知らせ

安心してマスクが買えるサイト・在庫ありのサイトをまとめました
マスク販売情報特設ページ
[1件在庫あり]

スマホ

iPhoneが盗難されたらどうする?するべきことまとめ

人間だれしも、うっかりすることはあります。普段どんなに気をつけていても、ちょっとした隙が命取り……iPhoneを盗難される時というのは、だいたいそのようなときが多いと思います。

例えば、コンビニのトイレの物置きにちょっと置いてそのまま立ち去ってしまったり、少しだからと思ってカバンを置きっぱなしにしていたら、iPhoneだけ抜かれていたり……。

iPhoneは決して安価なものではありません。それに、本体の値段よりも大事なのはiPhoneの中に詰まった個人情報です。

盗まれたらパニックになるのは当然ですが、そんなときにこそ冷静にならなければなりません。

今回は、iPhoneの盗難にあったさいに、何をするべきかをわかりやすくご説明します。

まずは「iPhoneを探す」を使用

まず一番に試したいのがiPhoneに備わっている「iPhoneを探す」機能での捜索です。

ブラウザからiCloudにログインして「iPhoneを探す」を実行しましょう。もし、知人やご家族の端末もiPhoneの場合は、iPhoneにある「iPhoneを探す」アプリでも実行可能です。

iPhoneを探すで何をするかといえば……

最初にやっておきたいのが「遠隔ロック」です。特に、パスコードを使用していな方は、必ず一番最初にロックすることが大切です。

ロックさえしておけば、盗んだ相手はiPhoneを操作することはできなくなります。

それから、地図で盗難されたiPhoneがどこにあるかを確認しましょう。ここでもし、現在位置とかなり近くにiPhoneが表示されたらかなりラッキーです。

「サウンドを再生」を選択しましょう。盗難にあった端末から大きな音が発せられるので、もしも盗んだ人が近くにいれば音を聴くことができます。

また画面上にメッセージを表示させることもできるので「最寄りの交番に届けてください」といったメッセージや、連絡先などを表示させることができます。

これだけ述べると、まるで万能に感じる「iPhoneを探す」ですが、この機能には弱点もあります。

お探しのiPhoneの電源が切れている場合、iPhoneがネットワーク(モバイル通信、Wi-Fiなど)に接続されていない場合には、使うことができません。

その場合は「オフライン」と表示されてしまいます……。

ですが、サウンドの再生やメッセージを残す、遠隔ロックなどのコマンドは、入力だけは可能になっています。

再び、iPhoneの電源が入ったり、ネットワークに接続された場合には、コマンドが受け付けられるので、あきらめず一応実行しておくといいと思います。

もし、「死力を尽くして探したけれど……もうこれはだめだ」という場合は、「iPhoneを探す」から「iPhoneの消去」を選択しましょう。

これにより、iPhone内の情報はすべて消去されます。もしiPhoneがオフラインでも、次にオンラインになったときに情報は自動的に消されます。

かわりにもう「iPhoneを探す」は使用できなくなりますが、個人情報の流失だけは確実に避けられる方法でもあります。

「iPhoneを探す」をオンにしていない場合

便利な機能「iPhoneを探す」ですが、設定からオンにしておかなければ使用できません。

「普段使うことがないからな〜」とオフにしていた場合は、何をするべきでしょうか。

まず、Apple IDを始めとしたさまざまなパスワードを変更しましょう。

SNSなども個人情報の宝庫です! TwitterやFacebookなどのパスワードを変更することをおすすめします。

忘れがちですが、銀行のオンラインシステムをiPhone上で使用したことのある場合、そのあたりのパスワードも変更しましょう。

また、モバイルSuicaなどを登録していた場合も、適宜対処が必要です。

とにかく、個人情報とお金周りのことで悪用されるのを防ぐことが大切です。

遺失届を提出する

正直、盗難されたiPhoneが戻って来る可能性はとても低いです。

しかし! 盗難かと思っていたら実は誰かが拾ってくれてた可能性も捨てきれません。それに一度は盗んだ人が「やっぱりやばいかも」と警察にしれっと届けてくれる可能性もあります。

そんなのときのために、最寄りの警察署に出向いて、遺失届を提出しておきましょう。

その際に、iPhoneのシリアル番号を書くと、落とし物として届けられたときにスムーズにあなたのiPhoneだと判別できます。

シリアル番号はiPhoneを購入したさいのパッケージにかかれています。

「パッケージは捨てた!」という方は、iTunesの「環境設定」から確認することができます。

何かあったときのために、パッケージを処分するさいは番号をメモしておくといいですね。

まとめ:iPhoneが盗難にあったらすることがズバリ…

最後に情報を整理しておきましょう。

  • 「iPhoneを探す」がオンの場合は、iPhoneがオフラインでもコマンドを実行してみる
  • 「iPhoneを探す」がオフのときは、各種パスワードを変更する
  • 警察に遺失届を出しておく

手慣れた人に盗まれた場合、iPhoneはすぐに電源を切られたり、オフライン状態にされてしまうと思います。かなしいかな、世の中には知識の豊富な悪人がたくさん存在しているのです。

ですから「iPhoneを探す」機能がどれだけ役に立つかは、状況次第としか言えません。

ですが私は「とにかくiPhoneを探すはオンにしておこう」と言いたいです。

普段は使わないかもしれませんが、いざことが起きた場合、これだけが頼みの綱になりますし、最低でもデータを消すことはできるのです。

もちろん一番いいのは、盗難にあわないことです。もし、盗難にあったさい、この記事がお役にたてば幸いですが、お役にたつ日がこないことを祈ります。

お知らせ

安心してマスクが買えるサイト・在庫ありのサイトをまとめました
マスク販売情報特設ページ
[1件在庫あり]

関連記事

-スマホ
-

Copyright© muvuvu , 2020 All Rights Reserved.